経営で絶対守るべき事

個人情報保護は経営上必須


トップ
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

経営を脅かす個人情報漏えい

経営管理の柱である内部統制を実施してください。会社リスクを考える上で、個人情報保護には十分な配慮が必要だからです。文書の電子化に伴い、何千何万という顧客情報をDVD等で簡単に移動でき、売却できてしまうのです。また余力があるなら個人情報の担当者を置くことです。個人情報が漏れる、または漏れた疑いがあるという状況は、会社経営をしていけなくなるからです。1つの個人情報も軽率にしてはいけないという温度を職場に徹底させてください。一度情報漏えい事件を起こした会社には、一般の方は正しい氏名等を記入しなくなります。特に未婚の女性の場合は、ストーカーなどの事件のきっかけになりますので注意が必要です。

個人情報保護には最善の注意を

個人情報保護という言葉はどこかで耳にしたことがあるとは思いますが、これから経営をしていこうと考えている人にとっては、特に注意しておかなくてはならない、言葉の一つです。扱っている、顧客の情報の管理には、最善の注意をしておきましょう。企業は、顧客等の情報を、個人情報保護の観点から流出することが基本的には禁じられています。情報が入っているパソコン、USBを紛失した。などということがあっては、信用を大幅に落としてしまうことになりますし、その後の経営業務にも大きくかかわってきてしまいます。くれぐれも、個人情報の取り扱いには注意をしてください。